昔は企業や学校で使われていたコピー機も、今ではコンビニや家庭でも使えるような商品まで販売されています。
コピー機と言われると、原稿となる紙に書かれている絵や文字を、サイズに合わせて他の紙に写し出す、つまりコピーする機械の事を言います。
別の意味で複写機とも言います。
また最近ではプリンターと言われる、パソコンの中に入っている画像や文字の情報を丸ごと紙に写したり書き出すといった、つまりはプリントする機械が世の中には出回っています。
これら2つの機械は原稿となる紙を写したり、書き出すという動作は同じですが、コピーする情報の原稿が紙か、それともパソコンに入っている情報かで違いが有るといえます。
またコピーという部分でスキャナーという商品が有り、これは印刷物や写真などの情報を、機械を使って読み取り、データとしてパソコンに保存する事が出来る装置です。
そしてこれらの機能を全て含めた物で複合機という商品が販売されています。
今現在販売されている商品はこの複合機が一般的で、最先端を走っていると言っても良いでしょう。
またこの複合機の商品を販売しているメーカーというのは多く有り競合している為、常に新しい機能やサービスを持った商品が販売されているというのが現状です。

今現在販売されているコピー機というのは複合機というのが一般的で、価格というのは1万円台の安い商品から、300万と高い商品まで有り、使う用途や場所などによってもかわってくるでしょう。
300万もする複合機というのは企業の会社や学校、コンビニなどで置かれている商品と言えます。
白黒コピーとカラーや色分けしてのコピーも出来て、またプリンターとしての機能はもちろんスキャナーとしての機能、また会社では必要となるファックスとしての機能も含まれていて、これらの機能は今では当たり前でついて来る機能と言って良いでしょう。
金額で差が有るすれば、これらの機能に対して別の便利な機能を付け加えることで差が出てくるのだと言えます。
これらの高い複合機とは違い、1万円台で買う事が出来る複合機というのは、主に家庭で使用する事が出来る商品で、とても小さくて棚にしまえるような商品まで有ります。

オススメリンク

printer

直接アクセス出来る

データの処理が今や各機種に関しても重視されていて非常に手軽に使う事が出来る様になっていますが、その為…Read more

関連リンク

最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー